東北文化学園専門学校

menu
 

コース紹介-医療ビジネス学科

診療情報管理士専攻科

  • ■日本病院会認定「診療情報管理士」養成校
  • ■日本医師会認定「日本医師会認定医療秘書」養成校
  • ■医療秘書科または医療情報管理科の診療情報管理士コースを選択した学生のみ入学可能

診療情報管理士とは

病院の診療情報を管理する専門職。診療情報管理士は、診療録(カルテ)の管理及び診療情報に含まれる病名や検査などのデータや情報を活用し、医療の安全管理や質の向上に寄与しています。医学や診療情報管理の知識を持ち、チーム医療の一員として期待されています。

活躍するフィールド
  • 地域基幹病院
  • 大規模病院

 

日本病院会認定の養成校

手厚い試験対策で合格へサポート

医療秘書科または医療情報管理科の2年次に診療情報管理士コースを選択し、診療情報管理士専攻科へ進学することができます。本校は日本病院会認定の養成校になっており、在学中に日本病院会診療情報管理士認定試験に合格できるようにしっかりとサポートします。

知識・技術を身につける

充実した診療情報管理室実習

患者様の入院診療録(カルテ)、レントゲンフィルムなどの諸記録、診療情報などを管理しているのが診療情報管理室です。実習に向けて実習事前指導や実習事後指導の授業でしっかり学習した上で実習に臨むので、確かな知識と技術が身につきます。病院の診療情報管理室において現場を経験し、より多くのことを学びます。

幅広い人材の育成

現場のニーズに幅広く対応

診療情報管理士に必要な医学知識や診療録(カルテ)の管理、コーディング、医療統計などについて専門的に学びます。また、診療情報の活用に必要なAccess演習やPowerPoint演習も学習し、医療現場に幅広く対応できる人材の育成をめざします。

 

取得を目標とする資格

日本病院会診療情報管理士認定試験

診療情報管理従事者に必要とされる医学知識や病名の分類、採血やレントゲンなどの検査結果及び手術記録などを管理、活用する技能を認定する試験です。

診療報酬請求事務能力認定試験

診療報酬請求事務従事者に必要とされる医療保険制度や医師法・医療法などの法的な規定の知識及び診療報酬明細書作成の能力を認定する試験です。

その他
  • ●Accessビジネスデータベース技能認定試験
  • ●PowerPointプレゼンテーション技能認定試験

全国的に医療業界で求められている資格

医療機関の機能分化と連携、情報の開示、医療IT化に伴い、診療情報管理士の資格は、医療現場をサポートし病院からのニーズが高い専門的な資格となっています。平成28年5月現在、全国で31,625名が診療情報管理士に認定されており、そのうち東北地方は2,036名が認定されています。

 

 

カリキュラム

1年次
医療秘書科・医療情報管理科の診療情報管理士コースで学んだ専門知識と技術に磨きをかけ、診療情報管理業務に必要な知識を更に深めます。そして、医療現場や病院からニーズの高い診療情報管理士認定試験合格に向けた総仕上げを行います。
主な授業
診療情報管理論/医療統計学/コーディング演習/DPC演習/診療情報管理室実習/Access演習/診療情報管理士試験対策
時間割の一例 (1年次)


▲診療情報管理論


▲DPC演習

 

卒業までの主な流れ

 

授業インタビュー

大泉 蘭さん 山形県/上山明新館高等学校卒業

目標めざして、しっかり勉強できる

目標の診療情報管理士になるための勉強が、しっかりできます。授業は医学、医療情報処理、医療文書作成など幅広く学べます。演習、実習が充実し、先生の熱心な指導によって、理解力、実力が確実に身につきます。

Q.今、頑張っていることは?
診療情報管理士をめざして、猛勉強中です。

 

仕事紹介

  • 診療記録管理

    患者様の病名や診療内容、薬の記録、手術の記録、検査の記録はもちろんのこと、データも適切に管理します。診療情報管理士は患者様の大切な個人情報を安全に管理する重要な仕事です。

  • 疾病統計

    病院を受診する患者様の動向を把握し分析することにより、患者様のニーズに合った安全で安心できる医療の提供や質の改善につながります。また患者様は公表されている疾病統計を閲覧することにより病院受診の目安にもなります。診療情報管理士は、診療情報を活用し貴重な統計を作成する重要な仕事です。

  • がん登録

    病院が、がんなどの診療情報を登録して国に報告すると患者数や医療水準の違いなどが分かります。がん登録は全国にどの位がんの病院が必要か、治療する医師がどの位必要かなどの計画や対策を立てる時に大いに役立ちます。診療情報管理士はがん登録を行い医療の発展に寄与している重要な仕事です。

  • DPC業務

    DPC病院において病名や処置、手術などのコーディングを行い正しい入院料を算定します。またコードや診療内容を確認し精度の高い診療報酬の請求を行います。診療情報管理士はコーディングの知識はもちろんのこと診療内容や他のデータとの関連性を判断し病院経営に携わる重要な仕事です。

 

就職先実績一例(抜粋)

東北医科薬科大学病院、東北公済病院、石巻赤十字病院、みやぎ県南中核病院、大崎市民病院、塩竈市立病院、総合南東北病院、古川星陵病院、山形徳洲会病院、庄内余目病院、一関病院、盛岡友愛病院、福島県立医科大学附属病院、福島第一病院、大館市立総合病院、本荘第一病院、八戸市立市民病院、八戸平和病院、湘南鎌倉総合病院、東京慈恵医科大学附属病院、横浜旭中央病院、など

※現診療情報管理士科の就職先実績になります。

 

在校生インタビュー

長谷部 稜さん 宮城県/東北生活文化大学高等学校卒業

先生のサポートが励みになる

病院で働きたいと思い、診療情報管理士科を選びました。診療情報管理のあり方やDPC(包括支払制度)演習など、医療現場のニーズに合った知識やスキルを幅広く学んでいます。先生がかみくだいて指導して下さるので、理解しやすく、実力がついてきていると励みになります。

Q.現在、学んでいることは?
診療情報管理論とコーディング演習。
Q.学科の特徴は?
幅広い分野の授業と熱心な指導。
Q.自分が成長したと感じたのは?
相手の気持ちを考えて行動できた時
Q.今、頑張っていることは?
さまざまな資格取得への勉強。

 

 

現場で活躍する卒業生

出雲 渉さん 平成22年度卒業
福島県/福島西高等学校卒業
みやぎ県南中核病院 医療情報管理課勤務

質問や相談が多く、頼りにされてうれしい

現在、病院全体のITシステムに関わる業務を担っています。例えば、電子カルテの運用全般、院内のサーバー・PC端末・ネットワークの保守管理、データベース制作などです。システムの安定運用、トラブル発生時の最速の解決を心がけています。学校で学んだ医事や診療情報管理の知識、PCのオフィス系基本操作などが、今の業務にも役に立っています。今後は、電子カルテ業務の改善や、システムによる業務の負担軽減を図りたいと思っています。

 

授業料等納付金(年額)

授業料(年間)年間合計
施設設備費前期後期
診療情報管理士
専攻科
120,000 275,000 275,000 670,000

 

Q&A

診療情報管理士認定試験の難易度を教えてください
診療情報管理士認定試験は難易度が高いため、試験対策をしっかり行うことが必要です。
※2016年2月に行われた診療情報管理士認定試験では、受験者数3,992人に対して合格者数2,118人、合格率は53.1%でした。
診療情報管理士専攻科では対策授業が充実しており、皆さんの合格に向けた学習をしっかりサポートしています。
診療情報管理士に向いている人はどんな人ですか?
診療情報管理士の仕事は、病院の中にある様々な情報を整理、分析することです。
患者様の個人データを大切に扱う気持ちを持った人、病院の様々なデータから病院経営や医療の発展に役立つ情報を見出すクールな人、より良い医療のために力を尽くす情熱を持った人…そんな人に向いているのではないでしょうか
診療情報管理士の平均的なお給料はどのくらいですか?
平均的な年収は300万円~400万円です。
正社員かどうかといった業種別、地域別に差があります。
※一般的な医療事務の平均年収は250万円~350万円といわれています。
就職率はどの位ですか?
平成28年度実績は、病院への就職率が100%です。担任の先生はじめ就職センターが学生の希望に合わせてサポートします。
どんな仕事が出来ますか?
診療録管理、疾病統計、がん登録、DPC業務など病院で必要とされている多くの仕事が出来ます。
パソコンの授業はありますか?
あります。ワンランク上のAccess演習やPower Point演習など診療情報管理士に必要なカリキュラムになっています。

 

ページトップへ戻る