コース紹介-医療ビジネス学科

診療情報管理士専攻科

  • ■日本病院会認定「診療情報管理士」養成校
  • ■日本医師会認定「日本医師会認定医療秘書」養成校

診療情報管理士とは

病院の診療情報を管理する専門職。診療情報管理士は、診療録(カルテ)の管理及び診療情報に含まれる病名や検査などのデータや情報を活用し、医療の安全管理や質の向上に寄与しています。医学や診療情報管理の知識を持ち、チーム医療の一員として期待されています。

日本病院会認定の養成校

手厚い試験対策で合格へサポート

医療秘書科または医療情報管理科の2年次に診療情報管理士コースを選択し、診療情報管理士専攻科へ進学することができます。本校は日本病院会認定の養成校になっており、在学中に日本病院会診療情報管理士認定試験に合格できるようにしっかりとサポートします。

知識・技術を身につける

充実した診療情報管理室実習

患者様の入院診療録(カルテ)、レントゲンフィルムなどの諸記録、診療情報などを管理しているのが診療情報管理室です。学内でのきめ細やかな実習前指導と実習後指導で確かな技術が身につきます。病院の診療情報管理室において現場を経験し、より多くのことを学びます。

幅広い人材の育成

現場のニーズに幅広く対応

診療情報管理士に必要な医学知識や診療録(カルテ)の管理、コーディング、診療情報の活用方法などについて専門的に学びます。また、診療報酬やコンピュータ操作、社会人として必要なビジネスマナーも学習し、医療現場に幅広く対応できる人材の育成をめざします。

カリキュラム

1年次
医療秘書科・医療情報管理科の診療情報管理士コースで学んだ専門知識と技術に磨きをかけ、診療情報管理業務に必要な知識を更に深めます。そして、医療現場や病院からニーズの高い診療情報管理士認定試験合格に向けた総仕上げを行います。
主な授業
診療情報管理論/医療統計学/コーディング演習/DPC演習/診療情報管理室実習/PowerPoint演習/診療情報管理士試験対策 など
時間割の一例 (1年次)


▲診療情報管理論


▲診療情報管理論

卒業までの主な流れ

実習紹介

  • 01.コーディング演習

    カルテの病名や診療行為をWHOの分類(ICD:国際疾病分類)に従い英数字にコード化するのがコーディングです。診療情報管理士の業務の中でも専門性の高い業務です。授業では診療情報管理士に必要なコーディングの正しい知識・技術を修得します。

  • 02.診療情報管理室実習

    診療情報管理士の仕事や役割、現場で働くことの意義を理解することを目的に、病院にある診療情報管理室で実習を行います。校内で学んだ専門知識の応用方法を学習すると同時にコミュニケーション能力や社会常識など実務的な知識を身につけます。

  • 03.Power Point演習

    今や仕事をするうえでプレゼンテーション能力は必須と言われています。この授業ではアプリケーションソフトのPower Pointを使用してプレゼンテーション内容の組み立てや視覚に訴え効果的に伝える方法を学びます。

  • 04.レセプト点検

    レセプトとは、患者様が受けた診療について、医療機関が市町村や健康保険組合等に請求する明細書のことで、医療機関の経営に直結しています。診療報酬の知識を活かし、具体的なレセプトの点検方法を学びます。

在校生インタビュー

竹田 智絵さん 山形学院高等学校卒業

専門分野の勉強は大変なことも多いですが、その分理解できたときの楽しさがたくさんあります。先生方が親身に接してくれるのも本校の良いところですね。

Q.この学科に進んだきっかけは?
パソコンが得意で医療系の仕事に興味があったから。
Q.自分が成長したと感じたのは?
コーディングが正確にできたとき。
Q.将来の目標は?
信頼される診療情報管理士になりたいです。

藤田 伊武樹さん 秋田県立平成高等学校卒業

診療情報管理士の資格を取得するためには、日々の勉強や実習をコツコツ積み重ねていくことが大事。がんばったら結果は必ずついてきます!

Q.この学科に進んだきっかけは?
病院の仕事に興味があったから。
Q.自分が成長したと感じたのは?
テストの得点が高かったとき。
Q.将来の目標は?
病院内の中核を担う人材になりたいです。

活躍する卒業生

庄司 香奈子さん 平成22年度卒業
山形学院高等学校卒業
医療法人徳洲会 山形徳洲会病院 診療情報管理室勤務

すべてが現在の仕事に活かされています

日々のデータ登録や診療録の管理を迅速に行い、正確なデータや記録をいつでも提供できるよう、日々努力しています。在学中、現役の医師による授業で覚えたことは、今も活かされていることが多くありますね。その時は、教科書の内容と関連づけて理解を深め、現在は「このことだったのか」という気付きがあります。また沢山の資格取得に挑戦することで身に付いた知識も働くようになってからとても役に立っています。

  • 資料請求
  • オープンキャンパス

ページトップへ戻る