コース紹介-総合福祉学科

社会福祉科

  • ■職業実践専門課程認定
  • ■厚生労働大臣指定「社会福祉主事」養成校
  • ■厚生労働大臣指定「社会福祉士」養成校
  • ■(財)日本レクリエーション協会認定「レクリエーション・インストラクター」課程認定校
  • ■同じキャンパスにある姉妹大学の医療福祉学部保健福祉学科への編入と、その後の社会福祉士としての基盤をつくるコースです。

社会福祉士とは

身体や精神に障害がある方や環境上の理由から日常生活をおくるのが困難な方の福祉相談に関わる専門職。また、保健・医療・福祉のサービスを提供する関係者との連携や調整等も行い、最近では、少子高齢化の進行や虐待問題など社会福祉士に対するニーズが高まり、活躍の場が広がっています。


東北で唯一の養成課程

社会福祉士へのショートカット

社会福祉士養成2年+実務2年で社会福祉士の受験資格を取得できる社会福祉主事養成課程の専門学校は、東北で本校だけです。

大学への編入学の道

実務経験なしで受験資格を取得

卒業後に姉妹校の大学へ編入学することで、「社会福祉学士」と同時に「社会福祉士受験資格」を実務経験なしで取得することができます。

卒業後も資格取得を応援

模試や集中講座で国試合格まで

卒業後も国家試験受験まで、メールで模擬問題を定期的に出題し、解答と解説を行うほか、国試対策の集中講座を開催し、社会福祉士国家資格取得をサポートします。


カリキュラム

1年次
わかりやすいカリキュラムで、対人援助など、基礎的な相談援助の理論と方法を中心に学んでいきます。
主な授業
現代社会と福祉/心理学理論と心理的支援/社会理論と社会システム/相談援助の基盤と専門職/相談援助の理論と方法I/相談援助演習I/相談援助実習指導I
2年次
相談援助における様々な分野の事例を具体的に取り上げ、相談援助の実際について理解します。
主な授業
児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度/障害者に対する支援と障害者自立支援制度/高齢者に対する支援と介護保険制度/保健医療サービス/相談援助の理論と方法II/相談援助実習
時間割の一例 (1年次後期)


▲現代社会と福祉


▲相談援助実習I


卒業までの主な流れ


実習紹介

01.相談援助実習II(行政型実習)

社会福祉主事任用資格取得のために、福祉事務所・児童相談所等の機関において行政型実習を2年次の10月から約2週間にわたり行います。実習生はケースワーカーとして実習を担当させていただき、社会福祉の制度や手続き等の相談援助職に就くためのスキルを身につけます。

  • 02.相談援助実習

    本校の相談援助実習の特徴は、児童福祉施設・障害者福祉施設・高齢者福祉施設等での施設型実習の他に、福祉事務所・児童相談所等の機関(行政)型実習といった2つの分野で実習できるところです。社会福祉士受験資格取得のための相談援助実習は、施設型か機関型かいずれか1つの分野で実習することが一般的ですが、それぞれ2つの分野で学ぶことができるメリットは、相談援助の実践力の向上に繋がります。

  • 03.相談援助実習I(施設型実習)

    社会福祉士受験資格取得のために、児童福祉施設・障害者福祉施設・高齢者福祉施設等において施設型実習を2年次の5月から約1か月間にわたり行います。実習生各々がクライエントを担当させていただき、対人援助や問題解決能力等の相談援助職に就くためのスキルを身につけます。


在校生インタビュー

東海林 淳市さん 宮城県工業高等学校卒業

社会福祉士に必要なスキルや技能が学べます

将来は福祉に関わる職業に就きたいと思っていたのですが、明確な目標がたてられず、どんな分野の仕事がしたいかで悩んでいました。でも高校3年生の時に東北文化学園のホームページを見て、すぐにこの学科に入学したいと思いました。その後、オープンキャンパスにも足を運び、打ち解けた雰囲気が気に入ったことも入学の決め手になりました。これまで知らなかった社会福祉士の技能が学べて、今では面白さも感じられるようになりました。

Q.この学科に進んだきっかけは?
福祉の世界に興味があったから。
Q.この学科の特長は?
先生方が親身になって学生に接してくれる。
Q.自分が成長したと感じたのは?
授業で学んだことを活用できた時。
Q.学生生活でお気に入りの時間は?
友達と談笑できる休み時間。
Q.将来の目標は?
児童分野の職に就くこと。
Q.東北文化学園を目指す高校生にメッセージを!
未来のために今を頑張ろう!

活躍する卒業生

近藤 絵梨香さん 平成24年度卒業
岩手県立北上翔南高等学校卒業
株式会社 松田会 エバーグリーンシティ・寺岡
生活支援サービス部勤務

視野を広くもつことが質の向上につながる

有料老人ホームの生活相談員としてご入居者様の「心のケア」を行い、より良い生活を送って頂ける環境づくりのため、小さなことにでも気付き行動できるよう取り組んでいます。在学中、外部施設への実習やボランティアなどの場を多く設けて頂いたため、広い視野で行動することを学べました。それは、現在、複数の視点から考えるのに役立っています。

  • 資料請求
  • オープンキャンパス

ページトップへ戻る