コース紹介-建築デザイン学科

建築土木科

  • ■職業実践専門課程認定(建築科)
  • ■国土交通大臣指定「一級建築士」「二級建築士」「木造建築士」試験指定科目履修学科
  • ■国土交通大臣認定「建築施工管理技士(1・2級)」受験資格認定
  • ■国土交通大臣認定「土木施工管理技士(1・2級)」受験資格認定
  • ■国土交通大臣認定「管工事施工管理技士(1・2級)」受験資格認定

※科名変更による申請予定

建築士とは

建物の設計と工事監理を行うための国家資格。有資格者は設計事務所、建設会社、ハウスメーカー、不動産会社、官公庁など様々な業種で必要とされます。資格取得後所定の要件を満たせば設計事務所を独立開業することもできます。豊かな生活環境を創出する担い手として活躍が期待されています。


即戦力となる人材育成

土木・設備分野を得意とする建築士に

これまでの建築士試験指定科目に加え、土木・設備・測量の科目でも必要な知識、技術指導を行い、全ての分野に精通する技術者を養成します。

充実の国家試験対策

在学中の合格へ基礎から積み上げ

建築、土木、管工事の施工管理技士国家試験の科目の内容を理解できるよう、基礎から指導し試験問題もわかりやすく解説。在籍中の合格を目指します。

高い就職率をキープ

確実な知識と技術で多様な建設分野へ

信頼の人材育成と卒業生の活躍で、建築、土木、管工事などの多岐にわたる分野から多くの求人があり、毎年100%という高い就職率を保っています。


カリキュラム

1年次
建築の基礎からスタートし、設計製図の授業では木造2階建住宅の基本図面を製作するために必要な製図の知識と技術を身につけます。建築現場には必要不可欠な測量も行います。
主な授業
設計製図I/環境工学/建築史/建築計画/建築構造/構造力学/CAD/図学/建築数学/測量学I
2年次
1年次に学んだ基礎をもとに、より建築を深く学ぶ専門的な学習が増えます卒業制作では、2年間の集大成として自ら考え答えを出します。さらに、土木系の授業も行います。
主な授業
卒業制作/建築施工/設計製図III/3次元CAD/建築ビジネス/建築法規/建築設備/プレゼンテーション演習/測量学II/土木施工/土質工学/水理学
時間割の一例 (2年次)


▲設計製図IIIB


▲建築設備


卒業までの主な流れ


実習紹介

01.卒業制作

各自が自由に設定する設計テーマに基づき、調査、企画、研究等を行い、設計や効果的なプレゼンテーション手法も学ぶ2年間の集大成の授業。1年間真摯に自分と向き合った作品が並ぶ卒業制作展は、仙台市内の会場で開催されます。

  • 02.3次元CAD

    建築設計事務所やパースのプロ、または幅広い分野でデザイナーとして活躍を志すために、必要なプロの応用技術を主に3次元ソフトで学習しています。

  • 03.測量学I

    測量器械を用いて、外業中心の測量を学ぶとともにできるだけ精度の高い測量成果をあげられるように、操作・誤差調整・精度計算などを学びます。


在校生インタビュー

大黒 さやかさん 宮城県古川工業高等学校卒業

二級建築士として夢の仕事に就く

叔父が卒業生ということもあり安心感がありました。建築は一度学んでみると楽しいし、とっても夢のある仕事だと思います!!先生もクラスメートもユーモアあふれる方々ばかりで、初めて建築を学ぶ人でも安心して取り組んでいける環境です。「建築」について様々なことを学び、理解を深めています。

Q.この学科に進んだきっかけは?
二級建築士の資格取得への近道だったから。
Q.この学科の特長は?
二級建築士に向けての対策がしっかりされている。
Q.今勉強していることは?
主に構造や法令など。
Q.自分が成長したと感じたのは?
アイディアをしっかりと形にできたとき。
Q.将来の目標は?
お客さまを笑顔にしたいです!!
Q.目標のためにがんばっていることは?
物事を柔軟に考える力を鍛えること。

活躍する卒業生

二階堂 拓さん 平成24年度建築科卒業
岩手県立一関工業高等学校卒業
株式会社深松組 建築部勤務

完成に向かう建物を一番近くで感じられる

私がこの職業で一番大切にしていることは、職人さん一人ひとりとのコミュニケーションです。建設現場には、多種多様の業者がいますので、細かな打合せはもちろん、日々の会話なども大切にして、お互いの人柄を理解していくようにしています。仕事でのやりがいは、何もなかったところから、現場が進み建築物が出来上がっていく姿を一番近くで感じられること。これからも様々な建築物に携わっていきたいです。

  • 資料請求
  • オープンキャンパス

ページトップへ戻る