東北文化学園専門学校

menu
 

募集要項

学費サポート制度

東北文化学園専門学校奨学制度

1)指定校推薦支援制度

志望する科の入学金全額を免除します。
本制度は、常に時代の趨勢に即応し、実践力になり得る技術の修得と知識の涵養を図り、豊かな人間性を備え、社会に奉仕できる人材を育成する本校の教育理念を理解し、他の学生の模範となる優秀な人物に対して、本校への就学を経済的に支援します。

対  象 本校指定の高等学校の学校長が推薦し、指定校推薦入試に合格した方。
支援内容 志望する科の入学金全額を免除
免除額 視能訓練士科 200,000円
介護福祉科、社会福祉科
医療秘書科、医療情報管理科
150,000円
建築土木科、インテリア科 120,000円
支援時期 入学前の学納金請求より差し引かれます
出願期間 出願期間・試験日・結果発表のI期~III期まで実施します。
2)AO特待生制度
対  象 AO入学に内定し、本出願を経て本校に入学する方。
選考方法 AO入学エントリー時に提出された作文(募集要項20ページの出願用作文用紙を使用)により選考
内  容 入学金半額給付
給付時期 入学後、入学金半額を給付します。
結果発送の方法 選考結果については、内定後の書類審査発表当日に受験生宛に郵送で通知します。
3)姉妹校入学優遇制度
対  象 出願者が学校法人東北文化学園大学が設置する学校(旧設置校を含む)の卒業生もしくは在籍した者で、出願時に申請のあった方。
内  容 入学金全額免除
申請方法 入学願書の裏面の記載欄に必要事項を記入し出願してください。
支援時期 入学前の学納金請求より差し引かれます。
4)兄弟姉妹等入学優遇制度
対  象 兄弟姉妹、両親が東北文化学園大学または東北文化学園専門学校の卒業生もしくは在学生で、出願時に申請のあった方。
内  容 兄弟姉妹または両親が卒業生の場合、入学金半額免除
出願者が入学する4月時点で兄弟姉妹等が在学中の場合、入学金全額免除
申請方法 入学願書の裏面の記載欄に必要事項を記入し出願してください。
支援時期 入学前の学納金請求より差し引かれます
5)東北文化学園専門学校奨学金制度

本校の奨学金制度選考において、成績及び経済状況を審査し、その結果に応じて下記の金額を原則卒業時まで給付します。また、返還義務はありません。(自己都合による退学の場合を除く。)
給付する金額は年額60万円、36万円、12万円の3コースです。どのコースの給付となるかは審査により決定します。

対  象 制度利用を希望する方
奨学金制度
利用資格
募集要項1ページにある入学資格の(1)~(9)のいずれかに該当する方。
合格の際、本校への入学が確実な方。
経済的理由により修学に支障をきたす方。
高等学校調査書の評定平均値が3.5以上で、かつ、高等学校在学中の欠席日数が10日以内の方。
選考方法 小論文(事前提出) 書類審査
選考料 無料
書類等 東北文化学園専門学校「奨学金制度」利用願書
所得証明書(保護者全員分)
奨学金制度用小論文用紙
書類の提出 上の書類を入学願書とともに本校指定の出願用封筒を使用し、専門学校事務部入試係宛てに「簡易書留」で出願期間中に必着するよう郵送してください。
出願期間 「出願期間・試験日・結果発表」欄のI期~III期の期間に実施します。
結果発表の方法 選考結果については、発表当日に受験生宛に郵送で通知します。電話での問い合わせには一切お答えできません。
給付時期 入学後6月と10月下旬頃の2回分割給付

※ 入学後の出席率と学業成績状況によっては、受給資格を取り消す場合もあります。

6)オープンキャンパス等参加者特典制度
対  象 本校のオープンキャンパス等に参加した方。
内  容 入学検定料半額免除
申請方法 オープンキャンパス等で発行された「オープンキャンパス等参加証明書」を入学願書裏面に貼付して出願してください。
支援時期 出願時に入学検定料の半額をお振込ください。
参加時期 平成29年3月以降に開催するオープンキャンパス等とします。
7)併願制度
東北文化学園大学併願制度
対  象 東北文化学園大学を第一志望とし、本校を第二志望とする方。
内  容 本校に納入済の【入学手続時納入金】の全額を、大学の学納金に振替できます。
他大学・短大・専門学校併願制度
対  象 他大学・短大または他専門学校を第一志望とし、本校を第二志望とする方。
内  容 本校に納入する【入学手続時納入金】の一部(施設設備費)を、延納することが認められます。
就職併願制度
対  象 就職(公務員を含む)を第一志望とし、本校を第二志望とする方。
内  容 本校に納入する【入学手続時納入金】の全額を、延納することが認められます。
申請方法
※上記制度を利用する場合
入学願書の裏面の記載欄に必要事項を記入し出願してください。

日本学生支援機構奨学金

日本学生支援機構(JASSO)の奨学金は国が実施する貸与型の奨学金です。卒業後は必ず返還しなければなりません。

奨学金の種類
  1. 第一種奨学金(無利息)
    月額3万円、5万3千円(自宅生)、6万円(自宅外)から選択
  2. 第二種奨学金(年利3%を上限に利息あり)
    月額3万円、5万円、8万円、10万円、12万円から選択
申込資格 学力基準のほか、家計基準による審査があります。基準を満たせば、第一種と第二種の併用も可能です。また、申込時に次の保証制度を選択する必要があります。

  1. 機関保証: 一定の保証料を支払うことで連帯保証人と保証人が不要になります。
  2. 人的保証: 連帯保証人(父母等)と保証人(叔父叔母等)が必要です。
予約採用 進学前に現在在学している高等学校等で奨学金の予約をする制度があります。
予約採用の申込を希望する方は、在学している高等学校等へお問い合わせください。
在学採用 入学後に申込を希望する方は、在学採用説明会に必ず参加してください。(日時は掲示等でお知らせします。)
入学時特別増額
貸与奨学金に
ついて
入学時特別増額の貸与金額
10万円、20万円、30万円、40万円、50万円から選択
※特別増額は入学後最初の1回のみです。
申込みには、日本政策金融公庫の「国の教育ローン」が利用できなかった等の証明をする必要があります。

日本学生支援機構ホームページ http://www.jasso.go.jp/

その他の修学支援制度

1)国の教育ローン

日本政策金融公庫が取扱っている公的な融資制度です。
お申込み・お問合せは、お近くの日本政策金融公庫または各金融機関の窓口まで。

融資限度額 学生1人つき350万円以内
固定金利 年1.81%(平成29年2月10日現在)
返済期間 15年以内 ※交通遺児家庭、母子家庭等は18年以内
2)都道府県・地方自治体の修学資金制度

全国の都道府県、市町村などが、その出身者等を対象に実施している制度です。奨学金の金額、貸与期間、応募条件、返還方法などは、自治体により異なります。

3)介護福祉士養成施設入所者に対する修学資金貸付制度

国の制度で入学準備金、修学資金(月額50,000円)、就職準備金の貸付を受けられます。本制度に関して詳しく知りたい方は、各県の社会福祉協議会にお問い合わせください。

民間の教育ローン

民間の教育ローンは、銀行、JA、保険会社等の金融機関が扱っています。

提携教育ローン

本学が提携したクレジット会社の学費ローンをご利用いただくことも可能です。詳細は下記をご覧ください。

1)オリコ「学費サポートプラン」
□概要
「学費サポートプラン」について(PDFチラシ)
□申込窓口
インターネット申込※外部リンク

専門学校:学校コード 15195233 申し込みコード 0150

【問合わせ先】オリコ 0120-517-325 平日9:30~17:30

2)セディナ「学費ローン」
□概要
「学費ローン」について(PDFチラシ)
□申込窓口
インターネット申込※外部リンク

【問合わせ先】セディナ 0120-686-909 平日 9:30~17:30

ページトップへ戻る