東北文化学園専門学校

menu
 

学校概要

学校長挨拶

千田 孝彦

生きる力と専門性を身につけた自分づくりの教育

 東北文化学園専門学校は、1987年(昭和53年)創立の宮城デザイン専門学校に端を発し、本年40周年を迎えました。これまで先進的な実学教育を取り入れ、優れた人材を多数送り出すという実績を重ねてきました。
 その伝統と実績を礎に、本校の教育理念である実践力のある有為な人材を育成することを目指しています。
 そのため本校の全ての科が、文部科学大臣から認定を受ける「職業実践専門課程」となっています。
この制度は、専修学校認可校の中で業界関係企業や医療機関、福祉施設等との連携によって、実践的な職業教育の質を確保するカリキュラムが組織されていることについて認定を受ける制度です。皆さんがこれから日々受けていく授業や実習は、その認定された授業であり実習です。
 本校では、教職員の協働のもと学びのエンジンを育み、生きる力を身につけた自分づくりの教育と専門性を身につけた職業人としての教育を実践します。
 皆さん一人一人の思いがここで実現し、新たな飛躍が生まれることを期待しています。

東北文化学園専門学校 校長佐藤 直由

ページトップへ戻る